陽だまりのおさんぽ道

日向ぼっこが大好きな、お昼寝、かけっこ大好きなワンコとママのひとりごと。 のんびりした一家、パパ・ママ・お兄ちゃん・お姉ちゃん・おばあちゃんのお話。 ママのお料理も紹介するよ。
2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    20060314000407.jpg
    ☆なんで私が鬼なの~☆

    何年か前、廻るお寿司に行った時のこと。
    長男が、なんか挙動不審。そわそわしているというか、落ち着かない。

    席に着いたら、お皿をとり、湯飲みをとり、
    「あがり、欲しい人~。あっ、むらさきとって。」

    どこで仕入れてきたのか、お寿司用語を赤面しながら連発です。
    そのうち、赤身だ、白身だ・・・
    「さび抜きお願いします~。」
    自分で次々注文してます。

    おやぁ~?またそわそわしだしたぞ。と思ったら、いきなり
    「ぎょくお願いします!」

    旦那も吹き出し、私は「はぁ~?」

    お店のおじさんは、
    「おっ!ぼく!すごいね、玉(ぎょく)しってるの?」

    私は知らなかったのです。玉子のことを、玉(ぎょく)と言うのですね。
    店中爆笑!だったのですが・・・

    気付けば、その後、息子の前に玉が出てくる事はありませんでした・・・
    どうも、みんな笑って忘れてしまったようです。

    そんな事があり、昨日、久し振りに同じ廻るお寿司屋さんにいきました。

    こんどは、娘がそわそわ・・・
    「ぎょく下さい!」
    真っ赤な顔をして思い切っていったのです。
    すると、おじさん(前と同じおじさんでした)がにっこり
    「へい!玉ね! 玉子じゃなくて、ぎょくだね。」
    と、意味深な笑い・・・

    出てきたのは、玉子のにぎりの上にたっぷりいくらがのったのもでした!みんなびっくり!おじさんが、驚かそうといたずらしたようなのです(笑)
    娘は大喜び♡

    その後も、こっそり中トロを一貫お皿にのせてくれたり、定価100円のお寿司なのに450円の絵皿で出してきたり、びっくりしたり、大笑いしたり・・・

    想像していなかった楽しい廻るお寿司♪となったのでした。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    粋だね!なんと素敵なおすし屋さん!
    うちの行くおすし屋さんは奥の方でにぎってるから、むりだわ~。
    でも、お寿司用語いったいどこで???
    美味しい、楽しい、ゆうことなし、でしたね。   
    2006/04/05(水) 18:01 | URL | 母のんき #-[ 編集]
    うちの近くにも、奥でにぎってる廻るお寿司やさんあるのですが、安いんですがやっぱり味気なくて・・・。
    改めて、人対人のコミュニケーションの楽しさを実感しました。子供たちにもいい経験になったようです。すっごい、楽しかったです♡
    お寿司用語は、ちゃれんじにのってたようですよ。
    2006/04/06(木) 16:46 | URL | のんまま #-[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://nonsanpo.blog45.fc2.com/tb.php/55-53be66d7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。