陽だまりのおさんぽ道

日向ぼっこが大好きな、お昼寝、かけっこ大好きなワンコとママのひとりごと。 のんびりした一家、パパ・ママ・お兄ちゃん・お姉ちゃん・おばあちゃんのお話。 ママのお料理も紹介するよ。
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    20060312120515.jpg
       ☆どれが本物?☆

    4月から、子ども会の副会長になります。でも、そう大変でもないんですよ。だって、会員は15人位ですから。実質10軒ありません。
    来年入る予定の子達は、すべて会員の兄弟。超弱小子ども会です。

    そんなに、田舎で、軒数もないの?といわれそうですが、いえいえ・・・
    最近はかなりの住宅街となってまいりました。
    でも、景色から緑が減るのと比例して、人情も減ってきたといいますか・・・新しく転入してくる人たちは、町内会に入らない人も増えてきていて、ましてや子ども会なんて「役員が回ってきそうでイヤァ~。」
    と言われています。

    私だって、本当はやりたくないのですが、人数の関係上仕方ないです。

    でも、私の記憶の中には自分が子供だった時、楽しかった子ども会の思い出がいっぱいあるのです。
    その中には、私たちの為に一生懸命になってくれたおじさんやおばさんがいた事をちゃんと覚えています。子供心に、自分が大きくなって子供ができたら、同じように思い出を作ってあげよう・・・と思ったのです。

    私がその頃いたのは、かなりの市街地で、子供もいっぱいいました。
    その時はなにか球技の大会があって、私たちの町の子ども会は惨敗しました。
    でも、元気な私たちは役員のおじさんに、
    「なんか食べさせてよ~」
    と無邪気にせがんだのです。
    おじさんは笑って、皆を連れて、町内のお店をやっている人の家をまわりはじめました。

    「この子達がんばったので、ごほうびをあげたいので、ご協力お願いします。」

    一軒、一軒、おじさんは私たちの前で頭を下げながらまわりました。

    本当にこの時食べたカツ丼は美味しかったです。おじさんに本当に感謝しました。おじさんだけでなく、お店の人たちも、
    「がんばったな!」
    と声を掛けてくれました。

    この時に私は思ったのだと思います。自分の子供もきっとこんなに暖かい大人の人達に囲まれて育つのだと・・・

    今は・・・なんだか、悲しいですね。子供が地域で育たなくなってしまっています。いいのだろうかぁ~。みんな本当にそれでいいと思っているのかなぁ・・・

    ほんの小さな力で、小さな事しかできないけれど、私たちの子供会は、今年もアットホームにささやかに楽しむつもりです。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://nonsanpo.blog45.fc2.com/tb.php/49-e33d0b45
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。