陽だまりのおさんぽ道

日向ぼっこが大好きな、お昼寝、かけっこ大好きなワンコとママのひとりごと。 のんびりした一家、パパ・ママ・お兄ちゃん・お姉ちゃん・おばあちゃんのお話。 ママのお料理も紹介するよ。
2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    Dr.コトー診療所2004 DVD BOX Dr.コトー診療所2004 DVD BOX
    吉岡秀隆 (2005/03/02)
    ポニーキャニオン

    この商品の詳細を見る
    13日の放送で、娘の癌を知り、お医者さんに説明を受けた父親が、コトー先生に心情を話すシーンで、こんな一言を言いました。

    「先生、生存率ってなんですか・・・」

    生存率・・・癌において、一定年数に生存していた人の割合です。
    5年を一区切りにすることが多いような気がします。

    「あなたの癌のステージでは、5年後の生存率は80%です。」
    などと、説明されるわけです。

    そうですか、生存率80%なら80%生き残れる可能性があるわけね。
    私の生き残れる可能性は80%なんだ。

    と思える患者さんは余りいないでしょう。。。

    私は20%に入るかもしれない。
    例え生きられても、5年を過ぎて10年後は?

    結局不安ばかりで、悩んで・・・
    行き着く疑問は、

    「私は生きられるの?」

    生存率なんて本人や家族にとってはなんの意味もない。
    生きるか死ぬか。
    そのどちらか。

    生存率。。。それはあくまで医者側のデータです。
    パーセンテージで患者は安心してないですよ。
    それは95%でも98%でも。。。

    私が今までに見たドラマの中で、最も私の心のアンテナに、ぴったりと感応した言葉でした。
    スポンサーサイト
    コメント
    この記事へのコメント
    気にしたくない数字
    のんままさん、こんにちは。
    やっとタマが元気になり、平常に返った日々・・・今度はクリスマス前の慌しさが待ってましたが(苦笑)
    タマは、結局ストレスだったようです。どんなストレスだったのでしょう?

    パーセンテージで思い出すのは、私が子宮内膜症と言われた時のことです。この病気の人が不妊症になる確率は70%だそうです。クリニックに通って長男が生まれ、以後何も治療をしませんでしたが3年後に双子の娘たちが生まれました。70%の数字は何だったのかな~?

    のんままさんの、「一度命を無くすかも。。。という思いをしたので・・・今も、病院で定期的に検査を受けていますが・・・」というコメントを思い出しました。

    天気予報で、雨の確率10%でも降る時がありますね。
    2006/12/18(月) 15:36 | URL | ミーシャ #3LCDdMDI[ 編集]
    コメントありがとうございます☆
    ☆ミーシャさんへ☆
    タマちゃん本当に何事もなく、よかったですね♪
    他のニャンちゃんも心配ながら、静かに見守っている姿がとても可愛かったです。

    今だから言える「パーセンテージの疑問」です・・・
    とりあえず今までは何事もなく過ごしているので、本当にミーシャさんと同じ「何だったんだろう」です。

    データはあくまでデータ。
    当事者にとっては、やっぱり、「どちらか」の黒か白しかないですよね・・・

    そうそう、天気予報を信じすぎて、洗濯物をぬらすことの多い事(笑)
    反対に、「こんな事なら外に干せばよかった!」って事も^^
    2006/12/19(火) 00:24 | URL | のんまま #Z9czMKss[ 編集]
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://nonsanpo.blog45.fc2.com/tb.php/223-86fed477
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。