陽だまりのおさんぽ道

日向ぼっこが大好きな、お昼寝、かけっこ大好きなワンコとママのひとりごと。 のんびりした一家、パパ・ママ・お兄ちゃん・お姉ちゃん・おばあちゃんのお話。 ママのお料理も紹介するよ。
2009/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    先日、突然訃報を耳にしました・・・

    栗本薫さんが亡くなったというのです。

    私が彼女をはじめて知ったのは、中島梓さんとして・・・TVのクイズ番組でした。
    「ヒントでピント」で、女性チームのキャプテンとして、知性溢れる素晴らしい大人として、私の憧れとなりました。
    大人になったら、あんな難しい問題も簡単に答えられるんだ!
    と、思っていましたが、当然大人になりきった今でも、彼女の足元にも及びません・・・

    作家『栗本薫』さんを知ったのは、高校も終わりの頃だったか、短大に入ってからだったと思います。

    「ぼくら・・・」シリーズからはじまり、時代物、推理物、SF・・・

    一時期、読み漁っていました。
    伊集院大介さんには片思いもしました^^
    知性溢れるあこがれの彼女の作品、「火星の大統領カーター」を読んで、そのパロディーを理解できることに、大変な喜びを感じました。

    その広い、作品ごとに違う世界にいざなうその力は、大変なものがありました。

    そして、これとであったのです。。。

    「グイン・サーガ」

    豹頭の仮面―グイン・サーガ(1)豹頭の仮面―グイン・サーガ(1)
    (1983/01)
    栗本 薫

    商品詳細を見る


    20歳の頃から読み始め、ちょうど20年。。。
    通勤途中は必ず読んでいました。
    本を手にすると、必ず思ったものです。

    「さて、グインの世界に行こうかな。。。」

    本当に、読んでいる間は、違う世界にいっているような錯覚に陥ったのです。



    そんなすごい方が亡くなってしまいました。。。
    時間が経つごとに、悲しみがましてきます。
    私の今までの人生の半分を共にしてきたのですから・・・

    彼女の精力的な生き方は、人の何倍にも値するとは思いますが、やはり遣り残してしまったものも多かったと思います。

    思いは尽きないのですが・・・

    やはり、私の憧れのまま、その生き方、病気との闘い方、目標にしていきたい女性だと思います。

    私の心の中に、彼女の生み出したキャラクターたちと共に、彼女は素敵な女性として行き続けます。。。
    スポンサーサイト
    連休前、職場の風景画とっても綺麗だったので撮っておきました♪

    つつじ

    ちょっとお天気の悪いときだったので残念ですが、
    実際はとってもきれいだったのですよ^^



    でもね・・・

    連休が終わって出勤してみたら、お花はほとんど茶色・・・
    枯れてしまっていました(T_T)


    そういえば、先日見ていたTVで、田舎のおじいちゃんとおばあちゃんがお仕事の一つとして、つつじのつぼみを摘んで出荷していました。
    お料理の「つま」にするためなんだそうです。

    この職場なら、そんなアルバイトができるかも・・・
    なんて考えてしまいました(*^_^*)
    連休の後半1週間ほど、またまた沖縄に行って来ました。

    旦那はさすがに休みがなく、時々帰宅しては、一休みしていく・・・
    そんな日々でした。

    そんな連休後半。一番の山場は 『こどもの日』 ですよね^^

    旦那のホテルでも、鯉のぼりをあげて雰囲気を出すことにしたのだそうですが
    旦那の気に入る鯉のぼりが手に入らない・・・

    中部地区で育った旦那にとって、鯉のぼりは見栄えのする立派な物でないと納得いかないのです(笑)
    息子の為に買うときも、何軒も店を回って、家の規模のわりに大きめの物を購入したのでした。

    そこで、先月の終わりに旦那から電話がかかってきたのでした・・・。

    「鯉のぼり、送ってくれ!」

    ・・・息子の為に鯉のぼりをあげたのは、もう何年前か・・・(^_^;)
    鯉さんたち、もう、お休みモードもいいところ・・・
    冬眠状態ですよねぇ~~~と、行った所でしょうか(笑)

    とりあえず、早速送ったわけですが・・・


    「あああぁぁぁぁ~~~^^ いたいた♪」

    鯉のぼり

    数年ぶりに起こされたと思ったら・・・

       南国ですか・・・!

          潮風ですか・・・!!

              やしの木ですか・・・!!!

    そんな呟きが聞こえてきそうな、ご老体の鯉さんたちの復活劇でした^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。